<<お問い合わせ>>
下のボタンを押して記入してください
Mail

■ 無料レポート ■


「競走馬の本質を見抜く方法」



■ 会員制サービス ■


「競馬渡辺理論予想会員」



 

枠順とレース結果の関係性

競馬は横一線の状態からスタートするため、カーブの存在するレースでは枠順が成績や結果に影響をもたらす場合が多くなります。一般的には距離的なロスが生じる外枠が不利と言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

枠順は単勝予想の判断要素となる

競馬新聞に掲載されている出馬表を見る時に必ず枠順をチェックする方は多いはずです。とくに単勝予想の場合、1着の馬を的中させないといけないわけですから、枠順に敏感になるのも頷けます。

枠順発表で狙っていた馬が内枠に入ると予想が当たったような気分になり、逆に外枠になるとガクッと肩を落としてしまう方もいます。多くの競馬ファンが枠順発表で一喜一憂するほど、内枠・外枠は競馬予想の重要なファクターになります。

馬の傾向で有利性は異なる

ほとんどの競馬場にはカーブが設けられておりますので、外枠からスタートする馬は必然的に不利な状況となります。しかし、馬の実力や性格によって外枠が好まれる事もあります。

例えば、馬群に怯えて本来の実力が出ない馬もいれば、ラストスパートで一気に他馬を抜きさる追い込み馬や差し馬の場合、カーブの遠心力によってスピードを維持できる事もあります。そのため、外枠であっても馬の性格や走行戦法を正しく分析した上で単勝予想をする事が大切です。

レース条件は結果を左右する

レース条件によって枠順の有利性は変わってきます。影響を受ける主な要因は、スタート地点からコーナーまでの距離関係とコース形態です。スタート地点からコーナーまでの距離が長ければ長いほど距離的なロスが少なくなり、枠順の影響力も弱まります。

逆に、距離が短くてすぐにコーナーに入る場合には、好ダッシュが行えない限り確実にロスは生まれてしまいます。また、スタート地点が芝となっている特殊な条件の場合も、芝部分を長く走る事ができる外枠が有利となる事が多いです。

枠順やレース条件、馬の傾向などによって導き出した勝率の高い馬券購入をご希望される方は、当サイトのメルマガにご登録ください。当サイトでは、競馬歴25年の経験から生み出した独自の単勝予想や複勝、馬連の予想、競馬情報などを配信しております。会員制サービスによりお得な情報や競馬のデータ分析、プログラムなども継続的に配信しております。