■ 無料レポート ■


「競走馬の本質を見抜く方法」


 

 なべさんの予想理論について

 
 ◆  競馬理論のコンセプトは競馬に絶対はない ◆

     基本的には、僕の予想理論は競馬に絶対はないというコンセプトからスタートしています。
     競馬予想をする場合、断然の人気馬がいる時、
     その馬には、本当に逆らいようがないかを徹底的に分析し、
     配当の見合う逆転候補がいれば単勝馬券で狙っていきます。
     
     基本、単勝は3倍以上つけば買いますが、
     できるだけ配当妙味を考えて馬券を買うようにしています。
     
     昨年の秋のG1でも、ジャパンカップのショウナンパンドラ、
     朝日杯FSのリオンディーズと配当妙味のある馬の単勝を的中しています。
     
     一見、単勝1倍台や2倍台前半の断然の人気馬は、隙のない馬のように思われがちですが、
     よくみていけば、弱点のある馬も存在します。

     例えば昨年のジャパンカップのラブリーデイなどは、
     直線の長い東京の2400mでは、かなり不安がありましたが、
     断然の1番人気になっていました。

     また、朝日杯FSでのエアスピネルも断然の評価でしたが、
     能力的には、リオンディーズの方が上であり、マイルの距離適性では、
     エアスピネルが上ながら、逆転も十分にありえると考えていました。

     いずれも、オッズほどの信頼性はなかったわけです。
     まずは、人気馬を疑ってかかる。
     そこが、僕の競馬理論や競馬予想の出発点になります。
        


● 競争馬の走法や気性を重視する。

   競争馬には、能力の他に、前の馬を捕えようとする気持ちの強さや、
   並んだら負けないと頑張る気性の強さが非常に重要です。
   逆に、気持ちの弱い馬は、勝つときは圧勝しても、競り合いになると、
   勝負を諦める事がしばしばあります。
   
   特に大レースになるほど、そういう気持ちの強さというのは重要になります。
   レース映像を分析する事で馬の能力と共に馬の気性を知る事は非常に重要です。

   また、馬の走法から、その馬が瞬発力があるのか。
   距離の適性はあるのか等、見抜くのも予想のコンセプトの一つです。
   例えば、頭の低い走法の馬は、瞬発力を生み出しにくく、平均ペース型で小回り向き。
   前脚を投げ出すように伸ばして走る馬は、直線長いコースの芝向き等、
   馬の走法から、未知の条件の適性を見抜くのも、僕の予想理論の中核をなすものの一つです。
   

      

● 買い方は単勝馬券がメイン

   基本の馬券の買い方は、単勝の1点勝負メインです。
   単純に、これだと外れ馬券が少なくて済みますし、
   回収率も控除率が高い分、高くなります。
   他に、補助的に穴を狙って他の馬券種も購入します。
   馬券も、常に攻める気持ちで選択するのが、トータルで勝つ秘訣です。
   


● 騎手と馬場と枠順、展開はファクターとして重要視
   例えば、東京競馬場で困った時は、戸崎騎手が何とかしてくれる。
   人気馬でも屋根が甘ければ、勝つのは非常に難しくなります。
   ただ、最近はデムーロ騎手やルメール騎手など、乗るだけで過剰人気になる騎手も存在します
   競馬は馬6騎手4ぐらいの感じで見ています。
   
   いくら、いい騎手が乗っても、馬が動かなければ勝てないので、
   人気騎手が乗って、オッズが過剰になっている場合は、逆に勝負どころであると言えます。
   そこを見極めるのが、僕の馬券理論の大きなポイントの一つとなっています。

   また馬場状態と枠順、それに付随した展開は、競馬を予想する上で重要なポイントです。
   
   馬の特徴と、今回の上記のファクターから、今回のその馬のパフォーマンスを
   シュミレーションしていくのが、基本的な予想の流れになります。