メインイメージ

〜単勝1点買いで
     勝つための法則〜


 競馬渡辺理論
 《 単勝編 》


◆ 競馬は本来すごく面白いギャンブルです

 何が一番面白いかというと、「推理する過程」が一番面白く、その予想した展開通りに勝敗が
決まった時の充実感は、なんとも言えません。

 これを経験したことがあるとないとでは、競馬に対するスタンスが全く違ってくると思います。

ところが最近、そういった競馬の醍醐味とも言える、予想の過程を楽しむ、競馬本来の面白さを
理解していない人が多くなってきているような気がします。

もちろん、当たった外れた、負けた儲かったと、一喜一憂することもいいのですが、
予想する過程を楽しむ」努力をすることで、競馬の面白さはどんどん広がるし、
自ら楽しんで努力することで、馬券力も自然についてくるのだと思っています。


 競馬の原点に戻って、単勝で勝負してみませんか?

 資金配分にもよりますが、出走馬全頭の単勝馬券を買ったとしても、
余程人気の盲点となった穴馬が1着にならない限り、収支をプラスにすることは難しいです。

湯水のごとく補填され、枯れることのない馬券資金があるわけではない私たちは、
馬券を購入する時、負けたくない一心で、時間をかけて購入馬券検討をしているはずです。

単勝の1点買い」は、3連馬券の確率に比べたら、断然当たる確率は高いはずなのに、
実際に馬券を買ってみると、自分の選んだ馬はなかなか1着に来ません。

 さらに、好不調の波があるのか、単なる確率上の問題なのか、びっくりするくらい、
不安でくじけそうになるくらい、連敗が続くこともあります。

 測ったかのように、ゴール直前、わずか数センチで差されてしまったり、
今回に限ってゲートの出が悪かったり、ゲートを出た瞬間に大きく躓いたり、
道中他馬にぶつけられたり、進路を塞がれてしまったり、

挙句の果てに騎手が落馬したり、
不運なことに、落馬事故に巻き込まれてしまったり、突然故障してしまい競争中止、等々。。
自分の選んだ渾身の一頭が、1着に来ない理由は、レース後にいくらでもみつけることができます。

 もっとも悔しいのは、馬の調子は絶好調で、馬は頑張って走っているのに、
騎手との連携が上手くいかず、馬の能力を十分に出し切れないで終わった時です。

位置取りが悪かったり、コース読みが甘かったり、走ろうとする馬の気分を損ねたり、
仕掛けのタイミングが合わなかったり、捌き方が甘く馬を追えなかったり。

 一つのレースだけでも、ギャンブルという理由だけで片付けて欲しくない、
競馬にかかわる多くの人々の、数多くのドラマが凝縮されていて、
そのドラマの中に僕たちも含まれているのです。

 消える人気馬の法則 

 
  
負けたくない一心で、グリグリの人気馬の単勝を買ったことはありませんか?


 
確かに、人気になるほどの馬は、それなりの勝つであろう理由、能力を持っています。
しかし、人気があるからと言って、勝てるほど”競馬は甘くはありません

「銀行レース」と思われるレースに限って、波乱の決着となることが多いと思いませんか?


 人気を背負った馬は、他馬に比べ、騎手のプレッシャーや、道中標的にされる等、
それだけで不利な状況にあると言えます。

 こういうレースで穴を開けた、
人気薄馬に騎乗していた騎手は、レース後に必ずと言っていいほど、
「気楽に乗れたこと」が好走に繋がったと、コメントしていることからも分かるはずです。


 上記の理由を踏まえつつ、レースを見直していると、ある一定の法則が存在することに気付き、
まとめていたら、なかなか面白いデータが出来上がりました。


● 人気馬を消せるからこそ、穴馬券が取れる


   ・昇級戦で○着の馬は消し
   ・前走2・3着で○○Mの距離延長または短縮の馬は消し
   ・前走同条件で○着の馬は消し
   ・過去3走○○の馬は消し
   ・○○のリズムの馬は消し


 そして、長年レースを見続けていると、
  勝つ馬、負ける馬のパターンが見えてきます

 

★★ レースリプレイを見続けたことで得た★★

 
 勝 馬 の 法 則  
 

  • ○○が1頭のときその馬が来る
  • 血統で○○が1頭の時はその馬が来る
  • 今関西でNO1の騎手は○○である
  • ハンデ戦では○○と○○を買えばOK
  • ○○が2頭の時はどちらかが来る

競馬理論 《 単勝編 》

単勝1点で仕留める方法


 
 ● ● の 法 則



そこで僕は、銀行レースのイメージをもとに、
断然の1番人気を背負った馬のレースを注意深く、何度も何度も見続けました。
そうすると、今までの僕の中のイメージとは全く違った、レースの法則が見えてきたのです。

  勝つ馬、負ける馬には一定の傾向がある


まあ、今までの僕の経験上、
すべてデーター通りに決着するほど、何度も言うように”競馬は甘くはありません

それでも、知識として、
このことを「知っているのと、知らない」のとでは、
馬券の買い方、レースの見方が違ってくると思います。
  

  勝ち負けのポイント


仮に、同じメンバー、同じ条件で、何度もレースを繰り返したとします。

あるパターンの馬については、
何度戦っても、勝つ馬と負ける馬は決まっていると思います。

おさえておくべき「勝負のポイント」があるからです。

なんだ、そんな単純なことなのか?
あなたはそう思うかもしれません。

でも考えてもみて下さい。競馬は勝負ごとなのです。
勝つか負けるか。結果もいたって単純明快です。

単勝1点買いで勝つための法則

競馬渡辺理論《 単勝編 》

A4:29ページ
PDF版

定価:¥29800 → 特別価格:¥3、980

お申し込みはこちらから

クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。
クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。  

E-BOOKイメージ

【特典1】競馬渡辺理論標準会員予想を1ヶ月お届け

購入された方に、1ヶ月3千円の標準会員予想を、購入月一杯無料で配信させていただきます。

【特典2】馬券に役立つ資料を差し上げます

リアルタイムで馬券に役立つ資料を差し上げています。
詳しくは購入後にお届けするメルマガをご覧下さい。

【特典3】馬券検討のヒントに繋がるメルマガをお届け

購入者メルマガでは、常に内容の濃い、役立つ競馬情報を発信しております。

僕の熱い思いを込めたさまざまなサービスを、惜しむことなく提供することで、
少しでも、あなたの競馬ライフを楽しむお役に立ちたいと、いつも思っています。

お申し込みはこちらから
※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を 保証したものではございません。

渡辺理論のノウハウ

 
 僕の根本となっている「レース映像から得られた気付き」をまとめてみました。


  独自につけている渡辺式時計理論
 ・ 数々の血統理論から実戦的なものを取り出した血統理論
 ・ 騎手から展開を読む展開値理論
 ・ 厩舎の調教能力から仕上がり具合を推測する休み明け理論
 ・ 馬の走法から適正を判断する、ビデオ走法理論
 ・ 各競馬場の距離別の枠順の有利不利を数値化した補正理論


これらのノウハウは大分前に確立されたものなので、このマニュアルも何回か改定しています。
しかし、競馬における基本的なことは、その頃から何ら変わってはいません。

確かに、競走馬のサイクルは短く、騎手、調教師を始め、コースの改変など、
競馬を取り巻く状況は、常に変化はしていますが、
競走馬の本質、競馬の本質が、大幅に変わることはないと思います。

これは競馬フアンの競馬暦が長いことからも、理解できると思います。

多分僕も、これから死ぬまで、許される限りは競馬一筋の人生の予定です。

僕が長年愛読している競馬新聞「日刊競馬」の、
吉川良氏のコラム「競馬人情」を読む度に、僕の競馬人生、まだまだだなと、いつも思っています。


「自ら努力した予想で、自信のあるレースだけを
 厳選して購入していれば、それほど大きく負けることはない。

僕は、そう信じています。

 確かに、短いスパンでは連敗することもあるし
自信のあるレースと言っても、個人差があると思います。

僕自身の経験からも、不的中が続くと精神的に迷いが生じやすく、
結果として、負のスパイラルに落ち込んでいくことだってあります。

大事なのは、自分で納得して購入した馬券には、自分で責任を持つことです。

勝った時も負けた時も、その理由を冷静にみつけ出し、肝に命じて下さい。

自分で決めた馬券購入のルールを修正する時は、慎重になって下さい。
馬券の買い方が一定でないと、修正のしようがないからです。

そして負けないためにも、自分で決めた馬券ルールは、必ず事前にシュミレーションし、
自分で納得できるスタイルを確立してから、馬券を購入することをお勧めします。

自分の予想方法を確立し、馬券に責任を持つことが、
競馬をより楽しむことができる状況へ進む、ステップアップの一歩となるはずです。

僕はそのお手伝いができればと思い、このマニュアルをまとめましたし、
日々独自の渡辺競馬理論として、メルマガ、ブログなどを通して、情報を発信し続けています。