■ 無料レポート ■


「競走馬の本質を見抜く方法」





 

 プロフィール

  ・小学生の時に、NHKで放送していた有馬記念の中継をおじいさんが見ていたのを
   一緒に観戦し、競馬というものに興味を持つ(シンボリルドルフがカツラギエースとミスターシービーを抑えたレ    ース)

  ・専門学校に通い始め、サクラスターオという馬に出会い、初めて馬券を購入する。

  ・渋谷のコンピューター関係の会社に就職し、近くの場外馬券場や、東京競馬場に通い
   ほぼ毎土日、馬券を購入するようになる。

  ・馬券のプロを目指し、会社を退社し、研究に勤しむ。
   当初は、だいぶ儲けたものの結局負けて借金を背負い1年ほどで再就職する事に。

  ・借金を返済するため、昼夜働くも、馬券への情熱は冷めずPATで馬券を購入し続ける。

  ・借金を完済して、これから競馬の勉強に集中しようとするも、実家の都合で、秋田に戻る。
  
  ・農業と会社勤めをしながら、グリーンチャンネルを見ながら馬券を買い続ける

  ・ブログを始め、競馬の情報配信を始める。

  ・ブログ読者から、有料での予想をお願いされ、提供を始める。

  ・会社を退社し、農業をしながら競馬の情報配信や競馬マニュアルの販売を行う。

  ・会社を設立し、競馬の情報配信の他、事業を始める。

  ・結婚し、馬券購入資金を制限され、少資金でも馬券で勝てる方法の構築に勤しむ。

  ・理論を集積した、競馬ソフトを作り、購入を始める。


  競馬や馬券との付き合い方について 

   田舎に帰り、結婚してからは、馬券は、以前のような額は買えませんが、
  その分、厳選して購入し、購入法も独自に開発した手法を用いているので、
  トータルで負ける事はあまりありません。
  
  競馬を予想するのは難しいですが、結局のところ馬券収支を決定するのは、
  馬券の買い方に尽きると考えています。

  熱くならず、一定の方法で購入する事ができれば、それほど的中しなくても負けないものです。

  馬券の収支もそうですが、
  競馬を予想するために購入毎週グリーンチャンネルで
  レース映像を20時間ほどチェックするほど競馬熱は冷めておりません。
  
  僕が競馬の予想や情報配信を始めたのは、競馬を予想する楽しさを多くの人に伝えたいのと、
  負けない馬券購入の仕方を共有して、長く競馬を続けて行く人が増えればいいという考えからです。

  競馬は、馬券との付き合い方一つで、破滅したり、人生の潤滑油の一つとして、
  役に立ったり、生きがいになったりするものです。

  僕も、競馬をやっていなければ、話題がなくて
  人とうまくコミュニケーションを取れない事もあったかと今になれば思います。

  スポーツやギャンブルというのは、意外とすいう意味でも重要なポイントです。

  
  修羅場もくぐって競馬の怖さを知り尽くし、競馬の面白さや、コンスタントに勝つ考え方を、
  なるべく理論的に、ブログやメルマガなどを中心にお伝えしております。
  これからも、僕なりの踏み込んだ面白く役に立つ競馬情報を
  日々お届けしたいと思うので、よろしくお願いいたします。


思い出の馬について

シンボリルドルフ 初めてテレビで競馬を見て、品のある馬体に魅入られました。
どちらかといえばアンチでしたが、最初にこの馬を見れたのは幸運だったと思います。

サクラスターオ 弥生賞のレースを見てほれ込み、初めて馬券を購入した馬。
その当時とすれば、大金の1万円を単勝で購入しました。
その時の的中の快感が、単勝馬券で勝負する礎になりました。
菊花賞の復活で、大喜びしましたが、続く有馬記念で、痛ましい事になってしまい
しばらく競馬から遠ざかってしまいました。

タマモクロス 現在では同じ毛色のオグリキャップは知っていても、この馬の事を話す人は少ないですが、
京都金杯で初めて見た時の衝撃は凄かったです。
見た目は貧相な感じながら、首をうまく使ったリズミカルな走法は、サラブレッドの理想像の一つです。

ライスシャワー 同年代では、新馬で衝撃の勝ち方をしたミホノブルボンのファンでしたが、
ダービーで大穴で激走した際、その根性と頭の低い走法に、凄く惹かれて、
その後この馬を追いかける事になりました。
その年の菊花賞でミホノブルボンの3冠を阻止し優勝。
また、翌年には、天皇賞春3連覇を目指したメジロマックイーンを下しました。
的場騎手とのコンビで、首の低い走法で、京都の下り坂を、獲物を捕らえるように上がっていく様は、
今でも頭に焼き付いています。
その2年後の春の天皇賞と合わせて、単勝でしこたま儲けさせてくれた馬です。

しかし、ライスシャワーもサクラスターオと同じように、宝塚記念で悲しい運命になってしまいました。


思い出して、馬名を上げていくと、だいぶ昔の馬ばかりのような感じで、最近は馬自体を好きになるという事が減ってきたのですが、最近はイスラボニータやルージュバックのように、ダイナミックなフォームの馬に惹かれます。

走法によって馬にはいろいろ個性がありますが、
それを体系化するのが、今の個人的な趣味になっています。

日々競馬情報を配信しています


● 情報配信の内容について

   ブログや競馬メルマガで、G1レースや重賞レースの情報の他、
   後半レースの見解等、さまざまな情報を週2〜3日ほど無料配信しております。
   
   競馬の深さや面白さを、多くの人に知っていただくために、
   独自の視点から、レースにアプローチする方法を配信しております。
   
   特に、競争馬の走法による特徴から、適性や能力を見極める方法について
   多くの会員の方に支持いただいております。

競馬予想情報なら競馬渡辺理論!

競馬渡辺理論オフィシャルサイトでは、競馬情報メルマガ配信を行っております。 競馬単勝予想や複勝予想、馬連などの予想から、様々な競馬情報を配信中です。 過去の勝率や馬の情報などから踏み込んだ競馬予想を行っておりますので、競馬がお好きな方はぜひお気軽にメルマガ登録を行ってください。 また、特典が盛りだくさんの会員制サービスも行っておりますので、競馬で勝ちたいという方はぜひご活用くださいませ。